カードローン 即日

即日融資可能なカードローンを厳選してご紹介!

今日中にお金を借りたい!そんな時大きな助けになるのがカードローンです。
早ければ申込から最短1時間程度で融資してもらえるため、急いで借入したい時にカードローンを使わない手はありません。
とはいえ、全てのカードローンが即日融資に対応しているわけではないのも事実。融資まで数日かかるカードローンもありますから、自分の条件に合ったものを探す必要があります。
そこで!当サイトおすすめのカードローンをご紹介します。もちろん、全て即日融資に対応していますから是非参考にして下さい。

 

みずほ銀行カードローン

融資スピード

最短即日

審査時間

最短即日

実質年率

エグゼクティブプラン:3.5%〜7.0%

コンフォートプラン:4.5%〜14.0%

おすすめポイント

みずほ銀行の普通預金口座をお持ちの方なら手続きが簡単でおすすめ!口座用のキャッシュカードをそのままローンカードとして利用できるので便利です。

 

新生銀行カードローン レイク

融資スピード

最短50分

審査時間

最短即日

実質年率

4.5%〜18.0%

おすすめポイント

融資までのスピードは業界トップクラス!30日間無利息・180日間5万円分無利息から選べる無利息サービスも嬉しいポイントです。

 

プロミス

融資スピード

最短1時間

審査時間

最短30分

実質年率

4.5%〜17.8%

おすすめポイント

最短1時間のスピード融資が可能!30日無利息サービスや24時間365日振込可能な瞬フリなど幅広いサービスも魅力です。

 

モビット

融資スピード

最短即日

審査時間

最短30分

実質年率

3.0%〜18.0%

おすすめポイント

WEB完結申し込みなら来店不要で即日融資OK!在籍確認なしでの契約もできるので、内緒で借りたい人にもピッタリです。

申し込む際の注意点

即日融資を希望するなら、いくつか注意点があります。
いくら急いでいるとはいっても、条件を満たさなければ融資を受けることはできません。以下に、注意すべきポイントを挙げていきますから、よく理解した上で申し込み手続きを進めましょう。

 

カードローン 申し込み 注意点

 

手続きのタイムリミットをチェック

申い込んだ日のうちにお金を借りるなら、「何時までに申し込みをすべきか」、「何時までに契約手続が完了している必要があるか」など手続きのタイムリミットに注意が必要です。
大抵のカードローンの場合、振込での即日融資を希望するなら14時頃には契約手続きが完了している必要があります。銀行口座への振込が15時を過ぎた場合、振込の反映が翌日になってしまうため、14時頃をタイムリミットとしているわけですね。
また、自動契約機などでローンカードを受け取ってから借入をする場合でも、自動契約機の利用可能時間を把握していおかなければなりません。
いずれにしても、審査などにかかる時間を考えると、遅くとも午前中には申し込みをしておくのが賢明でしょう。

 

申込書へは正確に記入

いくら急いでいても、申込書への記入は慎重に行って下さい。申告内容に誤字や脱字があったり、記入漏れがあった場合、審査担当者は申告内容の確認を取らなければなりません。その確認作業に時間がかかってしまい、審査回答が翌日以降に持ち越されてしまうケースも珍しくないのです。
また、年収を多く申告するなどの嘘も絶対にNGです。嘘は審査の段階でばれてしまいますし、虚偽の申告内容があるというだけで審査落ちの理由になります。

 

必要書類を忘れず準備

通常、カードローンの申し込みには本人確認書類と収入証明書の2点が必要です。希望限度額が大きくない場合は、収入証明書不要ということもありますが、本人確認書類は最低限用意しなくてはなりません。何を提出する必要があるのかを確認した上、忘れず準備しましょう。

 

自動契約機を有効に使う

その日のうちに融資を受ける方法は2つ。指定口座への振込かローンカードでの出金です。
このうち、指定口座への振込を希望する場合、上述したように契約手続きが14時頃に完了している必要があります。仮に、この時間に間に合いそうもない場合、是非活用していほしいのが自動契約機です。
というのも、大抵の自動契約機は20時〜22時頃まで利用できます。従って、カードローン会社の営業時間内に審査さえ終われば、自動契約機まで行ってローンカードを発行し、借入することができるのです。これなら、時間的に余裕があるので安心ですね。

ネット申込が速くて便利!

即日融資を希望するなら、申し込み方法も選ばなくてはなりません。
例えば、日中に時間がある人の場合は、店舗窓口や自動契約機で申し込みをして、審査回答を待つのも一つの手です。
しかし、昼間は仕事で来店する時間がないという人も多いはず。そんな人には、「ネットで申し込んで自動契約機でカード受け取り」という方法がおすすめです。ネット申込ならスマホからでも手続きできるので、通勤中や会社の休憩時間でも申し込むことができます。また、必要書類もアップロードで提出できるので非常に便利。さらに、申込手続き中に周囲の目を気にする必要もないため、内緒でカードローンを利用したいという人にもピッタリです。
日中忙しい人には、「朝一番にネットで申し込んで仕事帰りに自動契約機へ」という方法がベストでしょう。

 

カードローン 申し込み ネット

1.カードローンの即日融資って本当にできる?

急にお金が必要なってカードローンに申し込む人にとって、最も気になるのが「すぐにお金を借りられるかどうか」という点でしょう。
テレビCMやインターネットなどでは、「審査最短30分!」や「即日融資OK!」といったカードローンの広告を見かけます。でも本当にカードローンに申し込んで、その日のうちに借り入れすることはできるのでしょうか?

 

 

1-1.申し込み〜融資までの流れを理解しよう

まず、カードローンを利用したことがない人は、申し込んでから実際に借入するまでの流れが分かり難い思います。でも、それほど心配はいりません。カードローン契約の流れというのは非常にシンプルです。

 

具体的な流れというのは

 

申し込み→仮審査→必要書類の提出→本審査→契約→融資

 

といった感じです。
カードローンによって多少違いはありますが、基本的にはこういった流れで契約することになります。

 

もう少し詳しく説明すると、仮審査というのは申込内容から融資可能かどうか判断する簡易的なもの。対して本審査というのは、個人の信用情報(過去・現在の借入、債務整理などの状況)などを詳しく調査し、融資の可否を判断する最終的な審査です。
審査に通ると、カードローンの契約です。この段階でローン用のカードが発行され、契約手続きが全て終われば実際にカードローンの利用ができるようになります。

 

カードローン 申し込み 流れ

 

1-2.指定口座への即日振込が可能

カードローンを利用するには、通常ローンカード(借入や返済に使用するカード)が必要です。ローンカードを受け取ってようやく契約完了!初めて借入ができるようになります。
ローンカードの受け取り方法は、郵送や窓口での受け取り、自動契約機での発行のいずれかが一般的。とすると、カードを受け取りに来店できない人は、即日融資ができないことになります。
しかし、「忙しくて営業時間内にカードを受け取りに行けそうもない」という人も諦める必要はありません。実は、指定口座への振込融資が可能なカードローンもあるんです。振込さえしてもられえれば、後はATMで引き出せば良いわけですから、時間の心配はありません。
ただし、たいていのカードローンは「平日14時までに契約が完了していること」を即日振込の条件としています。銀行の営業時間内に振込を完了させるには、これがタイムリミットだということです。指定口座への振込を希望する場合は、時間との勝負になることを覚えておいて下さい。

 

 

1-3.土日でも即日振込はできる?

残念ながら、たいていのカードローンで土日の即日振込はできません。一部、24時間365日振込OKというカードローンありますが、これはインターネットバンキングへの利用登録が必要なものがほとんど。本当に急いでいる時なら助かりますが、手続きが少し面倒です。即日振込を希望するなら平日に申し込むのがベターでしょう。
また、銀行系カードローンの場合、土日は審査自体していないというケースもありますかから注意して下さい。

 

 

1-4.カードを即日発行するなら自動契約機へ

振込ではなく、カードを発行して即日利用する場合、自動契約機へ出向いて発行するのが良いでしょう。店頭窓口での受け取りも可能ですが、銀行の場合だと15時まで、消費者金融も18時頃で受付終了となることが多いです。自動契約機であれば21時頃まで利用できるものがほとんどですから、「朝のうちに申し込みを済ませて、会社帰りに自動契約機でカード受取」といこともできますね。

 

 

1-5.ホームページで申し込んで自動契約機で契約がベスト!

即日融資が可能な申し込み方法は、カードローンによって多少差があります。しかし、大抵の場合、最も早い申し込み方法はインターネットでしょう。急ぎでお金を借りたくても、店頭窓口や自動契約機だと、混んでいて申し込むまでに時間がかかることも考えられます。
インターネットなら24時間365日申込みできますし、来店して周囲の目を気にしながら申し込む必要もありません。審査結果はメールか電話で連絡がきますから、そこから自動契約機まで行ってカードを発行する方法がベストです。
この方法なら、忙しい人でも即日利用できそうですね。

2.カードローンの即日融資を受けるために守るべきポイント

カードローンの即日融資を受けるには、いくつか守るべきポイントがあります。その最も重要なポイントは「スムーズに審査にしてもらうこと」ですね。他にもいくつかポイントがありますから、順に説明していきます。

 

カードローン 即日融資 注意点

 

2-1.申込内容の間違いは絶対NG!

まず、申込書に記入した内容に間違いがあると、担当者は確認のために折り返し連絡しなければなりません。もし、その時連絡が取れない場合、審査は一時的にストップしてしまい、確認が取れるまで再開できません。即日融資を受けるには審査を早く終わらせるという点が大事ですから、こういった事態は避けなければなりません。
そのためには、申込内容の誤字・脱字や間違いなどは厳禁です。申込書への必要事項記入は、いくら急いでいても丁寧にして下さい。

 

2-2.タイムリミットの確認は必須

これも当然のことですが、即日融資を受けるにはタイムリミットがあります。振込を希望する場合、タイムリミットは大抵が平日の14時ですし、自動契約機でカードを受け取る場合も21時頃で受付が終了します。申し込みが遅いと、審査回答が翌日以降に持ち越されたり、審査には通っても実際の借り入れが翌日...ということになってしまいます。申し込みは可能限り早い時間帯に済ませるのが賢明でしょう。
どのカードローンに申し込むか決まったら、タイムリミットの確認を忘れずに。公式ホームページに明記されている場合もあります。

 

 

2-3.来店契約の際は必要書類を忘れずに

店頭窓口や自動契約機まで出向いてカードを受け取る場合、必要書類を忘れると契約できません。通常、カードローンの必要書類は本人確認書類のみでOKです。希望限度額が高額の場合は収入証明書の提出が必要となることもあるので、事前に確認して下さい。
なお、一般的に必要書類として認められるものは以下の通りです。

 

本人確認書類

運転免許証・健康保険証・パスポートなど

収入証明書

源泉徴収票・住民税決定通知書・納税証明書など

 

 

2-4.借入希望額は必要最小限に抑える

例えば、年収500万円の人が50万円の借り入れを希望したケースと年収300万円の人が100万円の借り入れを希望したケースを考えてみましょう。
年収500万円に対して50万円の希望額であれば、特に返済には問題なさそうなので、審査はスムーズに進むかもしれません。一方、年収300万円の人が100万円を借りたいとなると、収入に対して借入額の割合が高いので「返済は大丈夫だろうか?そんなにお金に困っているのかな?」と思われる可能性があります。とすると、担当者としては審査を慎重に進めなければならず、どうしても時間がかかってしまいます。
限度額が大きい方が金利は安く設定されますし、急な出費の際にも安心できます。しかし、本当に急いでいるのなら審査をスムーズに終わらせることを優先しましょう。利用限度額は、後から増額することも可能です。

 

 

2-5.借り換えで即日融資希望なら申告を

金利の高いカードローンから金利の低いカードローンへの借り換えをする場合、「借り換えしたい」という旨を事前に伝えておくと審査がスムーズかもしれません。
というのも、借り換えと伝えずに申し込むと、追加融資を希望していると思われる可能性があるからです。そうすると、「他社借入があるのに追加で借りて返済は大丈夫?」と思われても仕方ありません。
事前に借り換え目的であることを伝えておけば、そういった心配はなくなります。

 

 

2-6.在籍確認なしは無理!不安な人は対策を

カードローンを利用するには、勤務先への在籍確認は避けられません。インターネットでは「在籍確認なしのカードローン」と見かけることもありますが、基本的にどのカードローンでも在籍確認は行われます。
在籍確認の電話は銀行の場合は行名、消費者金融の場合は担当者の個人名を名乗ってかかってきます。また、担当者はカードローン審査だと気付かれないよう配慮してくれるので、勤務先の人にばれる可能性は低いと言えます。
それでも不安な人は、「保険会社からの電話」、「教育ローンの電話」など不自然でない言い訳を用意しておくと良いのではないでしょうか。

3.カードローン審査に落ちる人には共通点がある

せっかく朝一番で申し込んでも、審査に通らなければカードローンは利用できません。初めてカードローンに申し込むとなると、やはり「自分は審査に通るのかな?」と不安になるのも無理のないことです。
そこで、「こういう人はカードローン審査に落ちる」という共通点をまとめてみました。是非参考にしてみて下さい。

 

 

3-1.過去に返済滞納や債務整理をしている

過去にカードローンなどを利用していて、返済を大幅に延滞した場合、その情報は金融事故として信用情報に記録されてしまいます。また、任意整理などの債務整理をした場合も同様です。具体的に、返済の延滞は最低5年、債務整理だと5年〜10年は記録として残ってしまい、審査の際に必ずばれます。
きちんと返済してくれない人や債務整理をした経験のある人にお金を貸そうとは思いませんよね?信用情報にこういった記録が残っている人は、必ず審査に落ちてしまいます。

 

 

3-2.他社借入の件数や借入金額が多い

一般的に他社借入が4件を超えるとカードローン審査には通りにくくなると言われます。ただし、他社借入が1件の場合でも、借入金額が非常に大きい場合は要注意。それだけで審査落ちの原因となることも考えられます。他社借入が多い人は、少しでも返済してから申し込む方が良いでしょう。
なお、現在の他社借入についても返済状況はチェックされますから、大幅な延滞があると審査通過は難しいかもしれません。

 

 

3-3.勤続年数が短い

カードローンの申込条件として、各社に共通しているのが「安定した収入がある」ということです。安定した収入というのは、「毎月一定額の収入を得ているかどうか」がポイント。年収は少なくても定期的に収入を得ている人であれば、カードローン審査に申し込むことが可能です。
とすると、転職したばかりの人、入社して間もない人などは、安定した収入を得ているとはみなされない可能性があります。つまり、転職したばかりだと「また転職するかもしれない」、入社したてだと「仕事が合わなくて退社するかもしれない」と考えられるからです。退職すると当然収入はなくなりますから、安定した収入を得ているとは言えません。審査の印象を良くするにために、勤続年数は最低でも半年、できれば1年はほしいところですね。

4.専業主婦や学生もカードローンを即日利用できる?

カードローンへの申し込み条件が「安定した収入がある」ことだとすると、正社員以外の人でも審査に通る可能性はあるのでしょうか?実は、アルバイトをしていれば学生でもカードローンに申し込みできますし、銀行系カードローンの中には、無収入の専業主婦でも申し込みOKというものがあります。

 

カードローン 専業主婦 学生

 

4-1.専業主婦でも申込方法は同じ

専業主婦だからといって、カードローンで特別な申込方法があるわけではありません。即日融資を希望するなら、申込のタイムリミットなど、ここまでに説明した注意点を守る必要があります。
専業主婦の場合、平日は時間のある人も多いかもしれません。とすると、朝一番に店舗や無人契約機まで行って申し込むのも一つの手です。ただし、わざわざ来店しても審査に落ちてしまう可能性がありますし、周囲の目も気になるところ。やはり、ホームページから申し込むのがベストではないでしょうか。

 

 

4-2.アルバイトしていれば学生もOK!

上でも説明した通り、アルバイトで安定した収入を得ていれば学生でもカードローンを利用することができます。タイムリミットを守って申し込み手続きを進めれば、学生でも十分に即日利用可!サークルやゼミの活動費など急な出費が多い学生には嬉しい限りです。スマホさえあれば外出先からでも申し込みできますから、朝一番で申し込んで、授業が終わってから無人契約機でカードを受け取ることも可能です。

5.カードローン選びのポイント

即日融資OKのカードローンはいくつかありますが、「実際どれが自分に合ってるの?」という疑問を持っている人も多いはず。そんな人のために、カードローンを選びのポイントをまとめました。申込前の参考にして下さい。

 

 

5-1.申し込みに口座開設不要だと時短可

銀行系カードローンの中には、普通預金口座の開設が申し込みの条件となっているものがあります。開設した口座を借り入れや返済に利用するためですが、店頭窓口で口座開設とカードローン申し込みの手続をしたとしても、即日融資を受けるには時間的にかなり厳しいのが事実です。また、来店する時間のない人の場合、申し込んですぐ借入することは不可能でしょう。
従って、銀行系カードローンを選ぶのであれば、既に普通預金口座を持っている銀行を選ぶ、あるいは口座開設不要のカードローンを選びましょう。そうすれば、手続きにかかる時間を短縮できます。

 

 

5-2.低金利の借入希望なら上限金利をチェック

カードローンを利用するなら、できるだけ低金利で借り入れしたいのは当然です。借入金額が大きくなればなるほど、金利は重要になります。
では、カードローンの金利を比較するにはどこを見れば良いのでしょうか?大抵の場合、金利は「年〇〇%〜年△△%」と表示されています。初回契約時には通常上限金利が適用されますから、金利を比較する際は△△%の数値を見て下さい。上限金利が低いカードローンを選べば、低金利での借り入れが可能です。

 

 

5-3.すぐ返済なら無利息サービスを使おう

「急な出費でちょっとだけ借りたい」という人は、無利息サービスを使ってみてはいかがでしょうか?無利息サービスというのは、一定期間内は借入金額に利息がつかないサービスのこと。少額借りてすぐ返済するのであれば、元金だけの返済ですむこともあります。カードローンを利用して、利息を払わないですむというのは、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

5-4.ATM手数料無料だと借入・返済もお得

実際にカードローンを利用する際、ATMから借り入れや返済をする人が多いでしょう。ほとんどのカードローンが提携金融機関やコンビニATMを利用できるので、夜間でも安心です。
しかし、注意したいのがATMの手数料。借り入れや返済の度に手数料を支払っていると、バカにできない金額になってしまいます。カードローンの中には、ATMの利用手数料が全て無料というものもあります。ATMの利用頻度が高そうな人は、カードローン選びのポイントとして手数料のことも覚えておいて下さい。