カードローン 即日 地方銀行

地方銀行カードローンの即日融資について

最近では消費者金融のカードローンを利用するよりも金利等で優れている地方銀行のカードローンを利用する方が増えてきています。
少額の借入だとしても、銀行カードローンは低金利で借入できますし、馴染みのある地方銀行ならではのサービスもあり、とても人気なのです。
また、来店不要で申し込みから借入まで可能な場合もあり、忙しく時間の余裕がない方や、店舗窓口まで行きたくない方も申し込みがしやすいという点も理由でしょう。
できれば、やはり誰にも見つからずに借り入れが出来たらいいですよね。
では、さっそく人気の地方銀行のカードローンはどんなものがあるのかをご紹介していきたいと思います。

 

カードローン 即日 地方銀行

 

即日融資に対応している人気地方銀行の商品概要

1,000円から即日利用できる!「第四銀行カードローン」

第四銀行は、新潟市民なら誰でも知っていると言っても過言ではない、地域密着型の銀行です。
第四銀行のカードローン「解決スピーディー」は、非常に使いやすく生活に便利なサービスがいっぱいです。
借入はいつでも1,000円からAATMで可能です。
借入や返済には専用のローンカードを利用するのですが、コンビニエンスストアや郵便局などのATMも利用できるため、新潟県内に600台以上もの利用可能なATMがあります。
また、「解決スピーディー」という名前の通りスピードには定評があり、申し込んだその日のうちに審査回答を受けることも可能です。

 

来店も専用口座も不要!「福岡銀行カードローン

福岡銀行カードローンは来店なし、専用口座なしでも利用可能なカードローンです。
しかも、所得証明書類も不要ですので必要書類が少なくて済み、借入までの時間が短縮できとても便利です。
土日祝日でも申込みできるため、忙しい毎日を過ごしている方にはうれしいサービスです。
借入も返済も銀行やコンビニエンスストアのATMからできますし、借入時はなんと全国の銀行・コンビニエンスストアのATMが利用できます。
さらに、申し込みもWEBからなので時間のある時に手続きが出来るのです。
返済方法は、口座引き落としや直接現金をATMででも都合のいい方法を選べます。

 

限度額が高く繰り返し利用できる!「京都銀行カードローンワイド」

京都銀行のカードローンワイドは、限度額が最大500万円と大きいため、他社おまとめを検討している方にも大変おすすめのカードローンです。
インターネットから24時間いつでも申込み可能です。
借入限度額の借入であれば何度でも繰り返し利用することが出来ますので、必要な時に必要な分だけをその都度引き出すことが出来るのです。
なお、京都銀行カードローンワイドは、年収によって明確に借入限度額が設定されています。
年収200万円以下の場合は30万円、年収200〜300万円の方は50万円となっています。
また、アルバイト、派遣社員、契約社員は30万円となっています。

 

スピード審査で暮らしをサポート!高知銀行のカードローン!「こうぎんローン」

高知銀行は本社を高知市に構える地方銀行です。
高知銀行では、融資のスピードで人気な「こうぎんローン」が大変人気です。
高知銀行のキャッシュカードを持っていれば、申し込んで審査通過後すぐにローンカードとして利用できます。
すぐに借入可能となりますので、とっても便利ですよね。
使い道には限定せず、自由に使えるカードローンです。
手続きは最初の1回だけでOKですし、あとは限度額の範囲の中でいつでも何度でも利用することが出来ます。
最高融資額は200万円以内となっていますので、その範囲内でしたらこちらのこうぎんローンをおすすめします。

 

低い金利で専業主婦も気軽に申し込めるから人気!「常陽銀行 キャッシュビット」

茨城県水戸市にある常陽銀行は、鹿島アントラーズのスポンサーとしても有名な地方銀行です。
常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」は来店不要な上、口座を持っていると最短即日のスピード融資が可能で、大変人気を集めています。
学生やパート・アルバイト・年金受給者も利用可能で、配偶者に収入があれば専業主婦でも申込み可能です。
金利も年2.5%〜14.8%と低く、ATM手数料も借入・返済どちらも何度でも無料など、様々なサービスで気軽に利用できると幅広い年齢層の方や専業主婦にも人気なのです。
利用者にとっては安心サービスで大きなメリットになるでしょう。

 

借り換えやおまとめにも最適!「とちぎん スマートネクスト」

栃木銀行「とちぎんスマートネクスト」は、借り換えやおまとめにも対応しているカードローンです。
最大限度額も500万円と高額で、金利も年4.0%〜14.8%ととても低金利になっています。
審査で承認された利用限度額に応じて金利数値が決定します。
利用限度額は30万、50万、70万、100万、150万、200万、250万、300万、400万、500万円の中から選択できます。
一般的なカードローンとしても、もちろん利用できますが、他社ローンの借り換えやおまとめローンとしても利用できるので大変人気です。
自宅に居ながらカードローンの申し込み手続きが可能で、毎日仕事で忙しくしている方や誰にも借り入れを知られたくない方にもお勧めのカードローンです。

 

初めてなら30日間無利息!「ひめぎんクリックカードローン」

愛媛県松山市に本店を置く愛媛銀行は、愛媛県を中心に四国や山陽地方で多く見られる地方銀行です。
申込出来る条件は、年齢が満20歳以上満65歳以下の方で、安定した収入があること。
専業主婦やパート・アルバイトの方も申込できます。
そして、保証会社の保証を受けられることなどが挙げられます。
初めての方は、WEB契約をすれば契約日から30日間無利子で借り入れ出来るのです。
初めての借入時は何かと不安ですし、30日間約1か月間無利子というのは心強いですね。
さらに、来店も必要なくスマートフォンやWEBを利用して申し込みから契約まですべて完了できるので、忙しい毎日を送っている方にも便利です。

 

アルバイト・パート専業主婦もOK!「京葉銀行カードローン そっけつくん」

千葉県千葉市に本店を置く第二地方銀行である京葉銀行。
こちらの京葉銀行には、使い道自由で最高300万円まで借り入れ可能なカードローン「そっけつくん」があります。
その名の通りスピーディーなお手続きが可能なカードローンですので、急ぎでお金が必要な場合や手間暇をかけたくないという方に大変人気となっています。
申込対象となるのは、満20歳以上55歳以下の方で定期的に安定した収入がある方。
パートやアルバイト、専業主婦や年金受給者の方も利用可能ですです。
京葉銀行営業エリア内での地域密着型で多くの方に利用されています。

 

収入証明書が不要!「東邦銀行カードローン TOHOスマートネクスト」

東邦銀行は、1941年に郡山商業銀行と会津銀行、白川瀬谷銀行が合併して出来た銀行で、福島県内での利用者が多いことが特徴です。
そんな東邦銀行には、TOHOスマートネクストというカードローンがあります。
東邦銀行の口座を持っている方が利用できるのですが、他県に住んでいても東邦銀行の口座があればもちろん利用可能となります。
また、申込時に限度額100万円までを希望する場合なら収入証明不要で手続きが出来ますので大変便利ですね。
なお、申し込みの年齢制限は満20歳以上満65歳までとなっていて、専業主婦の方や年金受給だけの収入の方は申し込みはできませんが、アルバイトをしている学生は申し込み可能となっています。

 

月々の返済金額は2,000円から!「宮銀カードローン おまかせくん」

宮崎市に本店を置く宮崎銀行のカードローン「おまかせくん」は、最低返済額が2,000円からですので、毎月の返済の負担を少しでも減らしたいという方におすすめです。
借入額が10万円以下の場合、返済額が2,000円から可能となります。
また、毎月の返済額が少ないといつまでも残高が減らないと心配される方もいらっしゃるでしょう。
しかし、「おまかせくん」の場合、余裕のある月には随時返済も可能となっていますので、毎月の返済は金額を抑え、余裕のある時にまとめて返済するなどご自分のペースで返済していくことが出来るのです。
申込必要書類も本人確認書類と返済用の口座届出印のみですし、口座レス方式をご希望の方は届出印も不要です。
本人確認書類は手元にあるかと思いますので、お金が必要になればすぐに申し込みが出来ますね。

 

銀行カードローンの特徴について

消費者金融より金利が低い

借入を考えた時、消費者金融のカードローン借り入れと銀行カードローンでの借り入れではどのように違うのでしょうか。
最大の違いは、金利です。
銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと違って、金利が低めに設定されています。
上限金利を比較してみると、消費者金融では年18.0%というケースが多いのですが、銀行カードローンの場合には約14.5%程で借り入れできる場合が多いようです。
やはり、金利は借り入れ後の返済額に大きく関わってきますので、なるべく低金利での借り入れを検討したいものです。
利息を出来るだけ支払いたくないとお考えの方には、まず検討していただきたいところです。

 

総量規制対象外だから専業主婦も利用可能

銀行カードローンは消費者金融カードローンと違い、総量規制対象外です。
総量規制とは、貸金業法で定められた、借り入れの合計金額が年収の1/3を超えないように規制する法律です。
収入のない専業主婦は、配偶者貸付など一部の例外を除いて消費者金融からの借入はできません。
しかし、総量規制対象外の銀行カードローンなら専業主婦も利用できます。
そして、収入のない専業主婦が借入をした場合、できるだけ金利は低く抑えたいものです。
そんな点においても銀行カードローンは利用しやすいサービスと言えますね。

 

おまとめや借り換えにも利用できる

銀行カードローンは、低金利で利用限度額も高額なものが多いため、複数の会社で借入をしている場合などのおまとめや借り換えにも多くの方に利用されています。
おまとめローンとは、多重債務者向けの借り換えローンの事をいい、複数の債務を一本化することで金利と毎月の返済額の負担を軽くしてくれるローンの事です。
総量規制によって年収の1/3までしか借入できなくなったので複数社から債務がある場合、まとめて大きな金額を借り入れ出来なくなっている場合が多いのです。
一度すべての借り入れをまとめ、計画的に返済していきたい場合には、銀行カードローンのおまとめや借り換えを利用するのもいいですね。

 

利用限度額が高く融資までのスピードが速い

銀行カードローンは、総量規制対象外となるので年収の1/3以上の借り入れも可能となり、利用限度額の設定も高いのが特徴です。
また審査のスピードも大変速く、当日中の借り入れも可能です。
年収の1/3以上の借り入れご希望の方や、即日融資の借り入れ希望の方などにも、銀行カードローンは最適です。
そして、銀行口座用のキャッシュカードがそのままローンカードとなる場合が多いので、カードの受け取りといった面倒な作業を省く事が出来ます。
口座がない場合でも、自動契約機でローンカードの受け取り可能なこともあり、自宅郵送受け取りなしで即日融資が可能となるのです。

 

地方銀行カードローンを選ぶポイント

カードローン 即日 地方銀行

即日融資に対応しているかチェック

地方銀行のカードローンを選ぶ場合、即日融資に対応しているかどうかの確認が必要です。
即日融資可能な銀行カードローンの数は増えてきているのですが、全てのの銀行カードローンが即日融資に対応しているわけではありません。
指定の口座を持っている場合は即日借入が可能な場合が多いのですが、それでも審査時間の関係で即日借入が出来ない場合も残念ながらあるのです。
手持ちのキャッシュカードを利用して借入可能なのかどうか、即日審査で自動契約機などでのローンカード受け取り可能なのかどうかなど、特徴を調べてから申し込みをしましょう。

 

利用可能地域をチェック

銀行には都市銀行と地方銀行がありますが、都市銀行は営業基盤が全国となっていますので店舗も全国に多数存在します。
一方の地方銀行は、営業基盤が地方に限定されますので、店舗もその地方でしかあまり見られません。
また、地方銀行のカードローンは、本支店が営業している地域にお住まい、あるいはお勤めの方しか利用できないことが多いため、注意しましょう。
それ以外の地域から申し込みをする場合、営業エリア以外の場合でも利用可能なカードローンであるかどうかを確認する必要があります。
基本的にはその地域に住む方が利用対象となっていますので、まずはご自分の住むエリアにある地方銀行をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

口座開設が必要かどうかチェック

地方銀行のカードローンを利用する場合、預金口座を開設しなくてもカードローンの契約が出来る場合もあります。
普段まったく利用する機会のない銀行に普通預金口座を作りたくない方は、普通預金口座を作らなくてもいい銀行のカードローンを利用することもできますね。
普通預金口座を持っていない銀行のカードローンを利用する場合、まず普通預金口座を作る事から始めなくてはいけないので、融資を受けるまでに時間がかかってしまいます。
また、普通預金口座が必要ないとしている銀行カードローンでも、返済の際に違う銀行の口座から引き落としの手数料がかかってくる場合もあります。
申込の後、後悔しないためにも口座開設について調べておく必要があります。

 

Web完結に対応しているかチェック

申込からお金を借り入れするまで、全ての手続きをネット上で完了することが可能な時代になりました。
しかし、全ての銀行カードローンで可能なわけではありません。
Web完結に対応している銀行カードローンであれば、書類はスマートフォンから簡単にアップロードできますし、来店不要で場所を選ばず契約できます。
そのため、多くの方がWEB申し込みで完結できるカードローンを希望されます。
特に、周囲にカードローン利用を知られたくない方、忙しくて窓口へ行く時間がない方は、Web完結に対応した銀行カードローンがおすすめです。

 

利用可能な年齢をチェック

カードローンの申し込みが出来る年齢はその銀行ごとに違うため、特に高齢の方は利用条件を確認することが必要です。
例えば、65歳の方でもカードローンへ申し込める銀行もあれば、65歳では申し込めない銀行もあるのです。
銀行カードローンの多くは65歳までとなっており、消費者金融での借り入れは多くが70歳までとなっています。
しかし、地方銀行の場合60歳までと年齢制限とつけている場合も多く見られますので、やはりご自分の年齢で借入が可能かどうかの確認が必要になります。
ただし、審査に通るには安定した収入が必要ですから、高齢で年金生活をされている方などは審査に通るのが難しいかもしれません。

 

地方銀行カードローンの審査について

在籍確認の電話は必ずある?

銀行カードローンを利用するのであれば、審査の際に在籍確認の電話確認は基本的に行われます。
しかし、電話確認なしの消費者金融カードローンも銀行カードローンも存在します。
その多くは本人確認のできる書類の提出や現在の収入を証明する書類の写しなどの提出により、電話確認を不要としてくれるのです。
誰にもキャッシングのことはばれたくない場合などはお勧めですね。
また、専業主婦が申し込んだ場合も原則として在籍確認は行われません。
とはいえ、在籍確認なしというのは、あくまでも特殊なケースだと考えおきましょう。

 

審査結果が出るまでの時間はどれくらい?

銀行カードローンは、消費者金融カードローンなどに比べて審査にかかる時間が長いと言われています。
しかし、銀行カードローンの中には即日融資に対応したところがたくさんありますので、必ずしも審査に時間がかかるという訳ではありません。
審査結果が出るまでの時間は、その銀行によってまちまちですが、最短30分で審査が終わることもあります。
しかし、即日融資などに強いのは都市銀行であることが多く、地方銀行ではまだまだ即日融資に対しては対応していないこともあります。

 

審査通過のポイントは安定した収入と信用情報

借入を考えた時、審査に通るかどうかが一番に頭に浮かんでくる方も多い事でしょう。
審査通過のポイントは、やはり安定した収入と信用情報です。
延滞や債務整理などで返済すべき時に返済できなかったり、自己破産をしてしまったなど金融事故扱いになってしまうと、信用を無くしてしまうことになり、融資を受けることは難しくなってしまいます。
金融事故扱いになる要件は、3か月以上または61日以上の延滞や債務整理など行った場合などいくつか挙げられますので、日頃から気をつけておきましょう。

 

地方銀行の即日融資を利用する方法

指定口座への即日振込融資

※キーワード:時間

融資を受ける際に指定口座への即日振込融資かどうかは、とても重要なポイントになってきます。
指定口座以外への口座振り込みであれば、時間のない急ぎの場合、夜間や朝一番などの時間に間に合わなくなってしまうケースも出てきてしまいます。
特に土日・祝日で銀行がお休みの場合や平日でも営業時間以外の場合には確認が必要ですね。
そして、地方銀行で即日融資対応しているところは、残念ながら少ないというのが現状です。
ご自分の必要な時に融資が間に合わなかったという事のないように、必要な時までに融資可能であるかどうかを十分確認し申し込むことが大事ですね。

 

専用カードでATMから借り入れ

銀行カードローンを利用する場合、借入専用カードを使い、コンビニエンスストアや銀行に設置されているATMを利用し借入を行う事が出来ます。
日本全国多数設置されているので大変便利ですね。
多くの方がコンビニエンスストアのATMを利用されているのではないでしょうか。
そして、銀行のATMからお金を借り入れする事が出来ますので、コソコソと隠れてお金を借りに行く必要もなく、人の目も気にならずに安心できますね。
また、コンビニエンスストアなどのATMは利用可能時間を考えなくても利用できるので便利です。(メンテナンス時間等は利用できません)

 

地方銀行カードローン審査で気を付ける事

嘘や偽りの情報は絶対NG

カードローンの申し込みをする場合、嘘や偽りの情報で審査に通る可能性はゼロになってしまいます。
一般的な銀行カードローンは、担保や保証人が必要ないので、審査基準は信用から判断するしかないのです。
年収や他社借入状況、勤続年数、居住期間などの嘘や偽りは、大きく信用を損なうこととなるのです。
他社の借り入れ情報などは審査を行う審査機関に登録、もしくは情報共有できる期間となっていますので、必ずわかってしまいます。
年収なども所得証明などでわかってしまいますし、なによりも申込の段階で嘘や偽りのある方にお金を貸そうとはしないですよね。
年収など少しでも高く言いたくなる気持ちもわからなくはありませんが、やはり正直に正しい情報を申告するしかないのです。

 

同時に複数社に借り入れを申し込まない

もしも申し込みをした銀行カードローンの審査に落ちてしまったら困るので、複数社の銀行カードローンに申し込みを同時にしておこうと考える方もいらっしゃるかもしれません。
複数社のカードローンに申し込むことは実際にはできますが、あまりおすすめしません。
複数社のカードローンに申し込んだという事は信用情報に記録されてしまい、同時に複数のローンに申し込んだと記録があると、他の金融機関はどう思うでしょうか。
よっぽどお金に困っているのではないかと思ってしまいますね。
お金に困っている人は返済が滞る可能性も大きいですから、審査に通る確率が下がってしまいます。

 

まとめ

地方銀行カードローンの特徴をいろいろな角度から見てきましたがいかがでしたか?
地方銀行は、地方にお住まいの方にとってはとても身近な銀行で安心感もあります。
しかも低金利で借入もできますし、総量規制の対象外である地方銀行カードローンにはさまざまな利用方法が考えられます。
お住まいの地方でなくても利用できる地方銀行のカードローンもありますので、一度利用可能な地方銀行を調べてみてはいかがでしょうか。
自分のスタイルに合った地方銀行カードローンを使って、お得に便利に借り入れを行う事が出来ると、今後の計画も立てやすくなりますね。