カードローン 審査

1.カードローンの審査基準とは

カードローンとは、専用のカードを使用して借入枠内のお金を自由に借りたり、返済したり出来る非常に便利なフリーローンです。
名前くらいは聞いたことがある人が多いと思いますが、カードローン審査について詳しく知っている人はそれほどいないのではないでしょうか?
特に、初めてカードローンを利用しようと考えている人からすれば「審査って何をするんだろう…」と不安になることは当たり前です。
しかし、実際のところ、カードローンの審査はそれほど厳しいものではなく、普通に社会生活を送っている社会人であれば落ちることはそれほどありません。
ここからはカードローンの審査基準、内容、通るためのポイントなどを説明していきます。

 

1-1.申込書の内容と本人確認

審査を受けられる最低限の条件が、申込書の内容がきちんとしていること、そして本人確認ができることです。
この2つの条件が満たしていない、満たせない場合には審査を受けることができないため、例え大手企業に勤めていようが、富豪であろうが、カードローンを利用することができません。
申込書の内容は、勤務先情報や大まかな年収、希望上限額などで、基本的には会社の在籍証明や収入証明は不要ですが、正確な情報を記入することが求められます。
また、後ほど詳しく説明しますが会社への在籍確認も審査を受ける上で避けて通ることはできないでしょう。

 

1-2.他社の利用履歴など信用情報

日本には、「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」という3つの個人信用情報機関が存在します。
これらの会社はそれぞれ顧客の信用情報を調べており、必要に応じて金融審査の際に金融機関にその情報を提供しています。
信用情報には、クレジットカードの利用歴、借入件数、借入総額、借入状況、返済状況、公共料金の支払い状況、などが含まれており、これらを基にして顧客の信用度を測っています。
基本的には、これらの情報に傷があるとそれだけカードローンを含めた金融審査に通り辛くなってしまいます。
また、所謂ブラックリストに登録されてしまうと長くて5年間は一切の融資を受けることができなくなってしまいます。

 

1-3.勤務先への在籍確認の電話

カードローン審査を受ける上で切っても切り離せないのが勤め先への在籍確認の電話です。
同僚や上司にバレてしまうのではないか、家族にも伝わってしまうのでは、という不安からカードローンの利用申込みをするのを躊躇する人も多いと思います。
しかし、在籍確認の電話といっても現在では金融機関名を名乗って電話をするところは少なく、「〇〇ですが△△さんはいらっしゃいますか?」という風に個人名で在籍確認をするのが主流であるため、電話から金融審査の在籍確認と気付かれることはないでしょう。
また、在籍確認の電話は必ずしも本人が取らなければいけないわけではなく、外出中や用事であったとしても在籍していることの裏付けが取れれば十分なので本人が電話に出る必要はありません。
在籍確認は想像していたのよりも簡単だと思いませんか?

 

カードローン 審査 在籍確認

2.カードローンの審査に通るためのポイント

一般的な社会人であればカードローンの審査に落ちることはありませんが、それでも申請を出すにあたっていくつかの注意点があります。
特に、申請書に虚偽の記載をしたり、欲張って希望限度額を高く設定してしまうと信用度、返済能力にあらぬ疑いを持たれてしまい審査に通り辛くなってしまうこともあります。
また、短期間に複数の金融機関にカードローンの利用申込みを行うことも避けた方が良いでしょう。
ここからは、カードローンの審査を受けるにあたって、通るためのポイント、してはいけない事、について説明していきます。

 

2-1.希望限度額は必要最小限に

カードローンは非常に便利な形態の借金であるため、利便性を求めて希望上限額を高く設定しがちです。
しかし、ここは審査に通りやすくするためにも、希望利用限度額は最小限にしておいた方が無難です。
というのも、返済能力の高い人に対する高額融資は、金融機関にとってメリットがありますが、返済能力が低い人に対してはリスクでしかありません。
新規顧客は勤務先情報や大まかな年収からある程度の返済能力を測ることはできますが、彼らはまだ返済実績がないため金融機関もあまり高額融資をしたくないのが本音です。
銀行や消費者金融に安心して融資をしてもらうためにも、まずは希望限度額を低くして返済実績を積み重ねていくことをおすすめします。

 

2-2.申込書への記入は嘘なく正確に

ここまでの内容で、鋭い人であれば気付いたかもしれませんが、実はカードローンの利用申請書に記入する内容は個人信用情報とオーバーラップする部分が非常に大きいです。
では、なぜわざわざ知っている情報を顧客に提供させるのでしょうか?
本当のところは謎ですが、一説では顧客が記入した内容と信用情報機関から提供された信用情報を照らし合わせて、虚偽の情報は無いか、正確に記入しているのか、から顧客の信用度を測っている、とも言われています。
確かに筋は通っており、実際、虚偽の記載をしている人は審査に落ちることがほとんどであるところから判断するに、信用度を測っている、というのはありそうです。
細かい真偽は別として、正確に正しい情報を提供しないと審査には落ちるようなので、嘘はつかずに自分の情報を正確に伝えるようにしましょう。

 

2-3.申し込みは1社に絞る

カードローンに限らず、一つの金融機関の審査に落ちたからすぐに他の会社に融資の申し込みをする人がいます。
また、一社だけだと落ちた時のことを考えると不安だからと言って2、3社に同時に融資の申請を出す人もいます。
出来る限りこれは避けた方が良いです。
と言うのも、実は、その人が申込みを出した時点で個人信用会社にその情報が申込み歴としてチェック、記録されています。
もちろん、この情報は全ての金融機関で共有されていると考えてよいでしょう。
さて、もしもあなたが人にお金を貸す立場だとして、その人が他の人に対してもお金を貸してほしい、と言っていたとしたらあなたはそれでもお金を貸しますか?
多くの人は、その人の返済能力に疑問を持ちお金を貸さないと思います。
金融機関も、申込みをしてきた人が短期間に数社に借り入れ申請をしていたら返済能力に疑問を持つでしょう。
印象は当然悪くなるためできるだけ避けた方が良いです。

3.カードローン審査に落ちた人の共通点

カードローンの審査に落ちる人にはいくつかの共通点があります。
一つ目に、短期間に多くの金融機関に対して融資の申込をしている人です。
基本的に、カードローンの審査内容はどこの銀行であっても、消費者金融であっても同じです。そのため、一つに落ちたら他のも落ちると考えて良いでしょう。
それを知らずに何社も受けていると、返済能力も疑われてしまい「申込みブラック」状態になってしまいます。
基本的には、1社受けたら次の申請まで半年ほど空けた方が良いと言われています。
他にも、気付かないうちに所謂ブラックリストに信用情報が登録されてしまっている場合もあります。
実は、携帯電話料金を滞納するだけでもブラックリスト入りしてしまうケースもあるため注意が必要です。

 

3-1.複数社から借入がある

申込件数に注意しなければいけないと説明しましたが、同時に借入件数、借入総額にも注意を払う必要があります。
これらも個人信用情報に含まれているため、全ての金融機関で共有されています。
常識で考えてみて、沢山の金融機関から合わせて莫大な額の融資を受けている顧客に対して新たに融資を行おうとする金融機関はあるでしょうか?
基本的に、借入件数、借入総額は多ければ多いほど審査に不利になってしまうと考えてよいでしょう。
ただし、例外として乗り換え目的、融資先の一本化を目的として融資の申込を行った場合には審査に影響しないこともあります。
結局のところ、借入件数が多くなればなるほど自分でお金の管理をすることも難しくなっていくため、借入先は最初から一つだけにした方が賢明です。
今では100万円以上の融資をしてくれるカードローン業者も存在しているため融資額で困ることはそれほどないでしょう。

 

3-2.過去に金融事故を起こしている

金融事故とは自己破産などを指しますが、これをしてしまうと最長で5年程全ての金融機関から融資を受けることができなくなってしまいます。
また、自己破産でなくとも任意整理や債務整理を行った場合でも半年〜数年のペナルティが発生することがあります。
ペナルティに関しては、返済額の程度や、交渉状況によって大きく変わるため一概に期間を言い当てることはできません。
できるだけペナルティを最小限に抑えたい場合には、債務整理に特化している司法書士を頼るなど、法律事務所を利用することをおすすめします。
特におすすめなのが杉山事務所で、本事務所は月3,000件の相談実績を持ています。また、週刊ダイヤモンドで消費者金融が恐れる法律事務所1位に輝いたこともあり、その実力は確かなもので安心して依頼することができます。

4.審査が甘いと謳うカードローンには要注意

説明した通り、カードローンの審査内容は業者によってそれほど変わりません。
個人信用情報、申込書の記入内容が主な審査対象となります。
また、金融業者はボランティアで融資をしている訳ではないため、リスクのある融資は基本的には行いません。
そのため、極端に審査が甘いとキャッチフレーズを出しているところは悪徳業者である可能性が高いです。
所謂闇金融は誰にでも融資を行いますが、法外な金利で利息を要求してきたり、いつまでたっても完済にならないなどトラブルが多いです。
審査がしっかりしているところの方が利率は低く安心、信用できることは言うまでもありません。
目先の甘い言葉に惑わされず、安心できるところから融資を受けるようにしましょう。