カードローン 即日 土日

1.土日でもカードローンの即日利用できるか徹底検証!

休日などに急にお金が必要になると、土日でも即日融資が利用できるのかと不安になってしまいますよね。
通常、銀行のような金融機関では土日祝日などは営業していないということもあり、どうしようかと不安になってしまいます。
土日はレジャーなど予定が多くなりがちですから、どうしても出費がかさんでしまいます。
お金を借りる場合には銀行にするのか、消費者金融にするのか選択する必要があるのですが、この選択によっても、この即日融資が利用できる可能性が大きく変わってきます。
ここでは、土日などの休日でも即日融資が利用できるのかを徹底検証していきます。

 

1-1.銀行カードローンはできない場合も

金融機関を利用してお金を借りる場合には金利が気になり、利用するなら銀行カードローンに申し込みたいという人も多いと思います。
銀行カードローンは消費者金融と比べ金利が低く、お得にお金を借りることができます。
しかし、銀行カードローンでは消費者金融と違い、土日に対応しているところが少なく、即日融資が難しいと考えておく必要があります。
ネット銀行など、一部対応しているところはあるのですが、基本的には土日の融資に対応していないと考えておいた方が良いでしょう。
従って、銀行カードローンを利用する際には、土日祝日などでも対応しているのかを確認してから申し込むようにしましょう。

 

1-2.消費者金融は土日もOK

土日でも気軽に利用できるのが消費者金融です。
消費者金融は銀行と比べて利便性が高いのが特徴で、土日祝日などでも融資ができる体制が整っている金融機関です。
大手消費者金融では、自動契約機が利用でき、この自動契約機は土日祝日など関係なく稼働しています。
しかも、この自動契約機のメリットが、その場でカードを発行してもらえるという点で、審査に通ればカードを受け取り、すぐにお金を借りることができます。
土日でも深夜まで稼働している自動契約機も多くあり、すぐにでもお金が必要という時には大手消費者金融は大きな助けとなってくれます。

 

消費者金融 土日

 

1-3.振込を希望する場合は要注意

即日融資の方法の一つとして、振込融資があります。
自動契約機を利用する場合には、その場所まで行く必要がありますが、振込融資なら、審査に通ればカードを受け取ることなくお金を振り込んでくれるのでとても便利です。
しかし、土日となると振り込んでもらう銀行が営業していないため、振り込みは翌営業日になってしまうというケースもあるため、土日でも即日融資が可能な金融機関でも要注意です。
消費者金融によって、一部の銀行なら即日振込が可能というところもあるので、まずは自分が持っている銀行口座を確認してから振込融資を利用するようにしましょう。

 

1-4.土日は自動契約機での申し込みが有効

結論として、土日に融資を受けるなら自動契約機を利用することをおすすめします。
自動契約機は土日祝日でも稼働し、その場で申し込みをして、契約、カード発行までしてもらえます。
様々な利用法がありますが、土日祝日に即日融資を希望するなら、この方法が最も確実と考えられます。
また、自動契約機というと大手消費者金融というイメージが強いのですが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなど一部の銀行カードローンでは契約機を設置しているところもあります。
このような銀行を利用すれば、土日祝日でも即日融資が受けられます。
ただし、土日祝日となると、平日とは営業時間が違うということもあるので、営業時間はしっかりと確認してから利用しましょう。

2.土日の即日融資は在籍確認がポイント

キャッシングやカードローンの経験者なら、土日の在籍確認はどうするの?と思う人もいるのではないでしょうか。
基本的に、どこの金融機関でも在籍確認はおこなっていて、審査をするうえでもこの在籍確認はとても重要なポイントとなります。
土日休みの職場では、在籍確認をすることは難しく、審査に通らないのではないかと心配になってしまいます。
確実に融資を受けるためには、この在籍確認を何とかクリアする必要があります。
消費者金融では銀行とは違い、比較的様々なことに柔軟に対応してくれます。
ここでは土日祝日での在籍確認をクリアするポイントを見ていきましょう。

 

2-1.少額の融資なら後回しにしてくれることも

休日に少し遊び過ぎてしまい、月末の家賃や携帯料金、公共料金などの支払いで数万円ほど足りなくなったということもありますよね。
数万円ほど借りることができれば、このピンチを乗り切れるという時には消費者金融は便利な存在です。
このような少額の融資の場合、消費者金融などでは在籍確認を後回しにして、融資をしてくれる場合があります。
また、在籍確認ができない場合は、10万円以下の融資をとりあえずして、在籍確認ができ次第増額してくれるというケースもあるようです。
少額の借り入れが希望という人の場合には、この在籍確認は特に問題なくクリアできそうです。

 

2-2.後回しにするには書類提出が必要

後回しにしてもらうためには、まず利用する金融機関に電話以外で在籍確認をしてほしいということを伝えておくことも大切です。
在籍確認は審査では重要なポイントとなるため、確認ができないために、即日融資が受けられなかったということにもなりかねません。
このようなことがないように、事前の金融機関への電話連絡はとても重要です。
この時に必要になるのが、勤務先や収入が得られているということが確認できる書類です。
会社勤めの人なら、社会保険証を提出すれば社名が確認できますし、直近の2ヶ月分程度の給与明細が準備できれば、収入をしっかりと得ていることを確認してもらうことができます。

3.土日も即日融資OKのおすすめカードローン

土日の即日融資を希望という人にまずおすすめしたいのが大手消費者金融です。
プロミスをはじめ、アコムやアイフル、モビットなど、自動契約機を設置している大手消費者金融なら、土日でも即日融資が可能です。
消費者金融は金利が高いという点がデメリットとなるのですが、もし少額の融資が希望の人なら、そのデメリットもほとんど気にならないのではないでしょうか。
また、土日でも即日融資が可能なのは消費者金融だけではありません。
銀行でも、新生銀行のレイクや三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行のバンクイックも自動契約機が利用できます。

 

3-1.プロミスは土日も審査が最短30分!

少しでも早く審査回答を聞きたいという人は、やはり消費者金融系を利用することをおすすめします。
土日となると審査時間は平日と比べ遅いのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、プロミスなど大手消費者金融では、平日と変わらず最短30分という審査スピードです。
早く審査回答を聞くだけでも安心できますよね。
審査さえ通ることができれば、後は無人契約機を利用してカードを受け取るだけです。
また、プロミスでは初回利用時から30日間の無利息サービスも提供しているので、このようなサービスを上手く活用することで少額の借り入れなら無利息で融資が受けられます。

 

3-2.バンクイックは銀行系でも即日融資可

銀行系でおすすめなのが、三菱東京UFJ銀行が提供しているバンクイックです。
三菱東京UFJ銀行では、ATMの横にテレビ窓口と呼ばれる自動契約機を設置し、大手消費者金融の無人契約機のように、申込みから契約、カードの発行までその場でできます。
銀行カードローンの大きなメリットは金利です。
大手消費者金融と比べて、この金利は大きな差となります。
少額で30日以内に返済できるという時には、無利息サービスを提供している大手消費者金融を利用するのも一つの方法なのですが、そうではないという時には、バンクイックのような低金利のカードローンを選ぶことをおすすめします。