カードローン 即日 申し込み

1.即日融資を受けるための条件

誰でも申し込んだ日にお金を借りられるのなら、その日に借りたいと思いますよね。
即日融資をしている金融機関だからといって誰でもその日にお金を借りられるとは限りません。
しかし、その即日融資を受けられる可能性を高めることはできます。
即日融資を受けるためにはいくつかのポイントがあり、そのポイントは特に難しいことではありません。
銀行口座を持っていたり、申し込みのタイミングをできるだけ早くするなど、誰でもできることで可能性を高めることは可能なのです。
しっかりとポイントをおさえて、便利に金融機関を利用していきましょう。

 

1-1.銀行口座を持っていると有利

即日融資を利用する時には、銀行口座を持っていると有利になるケースがあります。
例えば銀行カードローンの場合、普通預金口座の開設を申し込みの必須条件としていることがあり、口座を持っていない場合は融資までに時間がかかってしまいます。
また、消費者金融を利用する場合でも、銀行口座への即日振込に対応しているケースがあります。
ただし、全ての銀行への振込みが可能というわけではありませんから、現在お持ちの口座を確認する必要があります。
持っている銀行口座への振込が可能なら、その日にお金を借りられる可能性は高いと言えるでしょう。
銀行カードローンであれ消費者金融であれば、急いで融資を受けたいのなら、お手元の銀行口座を確認してみると良いかもしれません

 

1-2.午前中に申請を済ませておくこと

少しでも即日融資の可能性を高める重要なポイントが申し込みのタイミングです。
このタイミングが遅いと翌日扱いとなってしまいます。
最短30分という審査スピードの金融機関でも、申し込みの込み具合によっては、数時間必要になることもあります。
もし即日振込を希望するなら、大抵の金融機関では14時50分頃までには契約手続きまで済ませる必要があり、ほんの数十分の遅れで、即日振込が利用できなかったということが起こります。
午前中に申請を済ませておくと、それだけで即日融資の可能性はぐんとアップします。
午前中が無理でも、14時までに申し込みを済ませることで即日振込を利用できる可能性もあります。

2.即日融資を受けるための準備

即日融資を受けるためには事前準備も大切です。
準備をしておかないと、必要な書類が足りなかったために審査が遅れ、融資が受けられなかったということも起こります。
また、申し込みの際には、勤務先の情報や、今利用している金融機関の借り入れ状況なども記入する必要があり、わからないからと適当なことを記入してしまうと、これも審査を遅らせる要因ともなりますし、最悪の場合では、それだけで審査に落とされる可能性もあります。
自動契約機を利用して申し込みをするといった場合には、この申し込みに必要な書類も用意することを忘れずに。
即日融資を受けるためには事前準備も重要なポイントです。

 

2-1.必要書類の確認

まず、申し込みの際に必要になるのが、本人確認書類です。
本人確認書類としては、運転免許証などが利用できます。
申し込みをする際には、この本人確認書類があるかどうかをしっかりと確認しましょう。
本人確認書類はどこの金融機関を利用する場合でも必要になる書類です。
準備の際、確認してもらいたいことが、免許証などに記載されている住所と現住所が一致しているかどうか。
以前に引っ越しなどをして、住所が変わっているのに、免許証の住所変更をしていないという場合には、その運転免許証は利用できません。
申し込みをする前には必要書類の確認を済ませておきましょう。

 

2-2.保険証でも大丈夫?

本人確認書類としては、免許証の他に健康保険証を利用することもできますし、パスポートもOKという場合があります。
ただし、金融機関や利用方法によっては、健康保険証などは利用できません。
例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックで、テレビ窓口を利用してカードを受け取る場合、本人確認のために運転免許証が必要とされています。
公式サイトでもはっきりと明記されていることからも、保険証などを持って行ってもカードを受け取れないということです。
申し込みをする時には、事前に利用を考えている金融機関の利用条件はしっかりと確認をしましょう。
この確認をしっかりとしておくことは、即日融資の可能性を高めることにつながります。

 

2-3.一定額以下の融資は収入証明書不要

収入証明書は、どこの金融機関でも一定額以下なら必要ないケースがほとんどです。
銀行カードローンでは、数百万円までなら収入証明書が不要というところが多いのですが、消費者金融では1社で50万円を超える場合や複数社の合計が100万円を超えるといった場合には、この収入証明書を提出する必要があります。
もし、このようなケースにあてはまる借り入れをするといった場合には、事前に収入証明書の準備が必要です。
収入証明書としては、サラリーマンの人なら、源泉徴収票や直近の2〜3か月分の給与明細書が準備できれば大丈夫です。

 

2-4.本人確認や在籍確認への対応

申し込みの前に準備しておく必要があるのは、何も必要書類だけではありません。
金融機関からの連絡にも対応できるように準備をしておきましょう。
申し込みを済ませると、本人確認や在籍確認のために、金融機関から電話連絡があります。
この電話連絡はあくまでも確認のための電話なので特に難しいことは聞かれることはありません。
しかし、普段からあまり会社に電話がかかってくることがないという人は、職場の人に何の電話だったのかと聞かれることもあるので、職場の人にお金を借りることを知られたくないという人は、都合のいい言い訳を考えておくことも事前準備として重要なことです。

 

カードローン 本人確認 在籍確認

 

 

 

3.申し込みで注意したいこと

事前準備が整ったら、いよいよ申し込みです。
即日融資を受けるためには、この申し込みが重要です。
ここで時間をかけていたのでは、翌営業日扱いとなってしまいます。
だからといって焦りは禁物です。
焦って間違った情報を記入してしまえば、それこそ審査時間を延ばしてしまう原因ともなります。
また、確実にお金を借りたいからと、一度に複数社の金融機関に申し込みをすることは避けましょう。
このような申し込みをしてしまうと、申し込みブラックとなり、どこの金融機関からもお金を借りられない状況になることもあります。
1社だけに絞り、焦らず、慎重に申し込みをしましょう。

 

3-1.申込書への記入は正確に

即日振り込みなどでは、時間制限などもあることから焦って申し込みをしてしまうという人もいます。
焦ってしまうと、よくあるのが申込書への記入ミスです。
審査に落とされる可能性として、最も高いことの一つが、この記入ミスとも言われています。
正確に情報を記入していれば、特に問題ない人でも、この記入ミスによって審査に落とされてしまうこともあるので注意が必要です。
また、審査では収入などが重要視されることから、少しでも審査に有利になるようにと、収入をごまかす人がいますが、これも審査に落とされる大きな要因です。
申し込みでは正確に情報を記入することが大切で、特に虚偽の記入だけは絶対にしてはいけません。

 

3-2.希望額は必要最小限で

審査に通りやすくするポイントとしておすすめしたいのが、申し込みの際に記入する希望額を最小限で記入するということです。
どうしてもこの希望額を高めに書きたいところですが、そこをおさえて最小限にと止めておくことにより審査に通りやすくなります。
希望額が多いとどうしても慎重な審査となり、審査時間が延びてしまうことが考えられます。
しかし、仮に10万円以下など少額の希望額にすると、飛躍的にこの審査に通る可能性も高まり、即日融資の可能性も高めることができます。
利用限度額はしっかりとした利用実績を積み重ねれば、増額をしてもらえることもあるので、まずは最小限の希望額を記入して申し込みをすることをおすすめします。