カードローン 在籍確認

1.カードローン審査の在籍確認とは

カードローンはアコムやプロミスといった消費者金融会社、信販会社や、みずほ銀行、楽天銀行といった銀行が提供している、借入枠内であれば自由にお金の借り入れ、返済を行うことができるとても便利なフリーローンです。
利用限度額がそこそこ高い、返済日が分かりやすい、そして月々の返済額が低いのも人気を後押ししている理由の一つでしょう。
しかし、そんな便利なカードローンですが、審査時の在籍確認電話が不安で審査申込の一歩が踏み込めないと言う人も多いのではないでしょうか?
在籍確認と聞くと、「同僚や上司にバレそう…」や「妻に内緒でカードローンを使えるのか…」など不安を覚えてしまうでしょう。
特に、初めてカードローンの利用申請を出そうとしている人は審査、在籍確認の実態が分からないためより一層不安になってしまうと思います。
そのような人達のために、まずは在籍確認を行う理由について説明していきます。

 

1-1.在籍確認が欠かせない理由

そもそも、金融機関はなぜ在籍確認をするのでしょうか?
答えを明示しているところはありませんが、顧客の信用度、返済能力の有無を判断するためではないでしょうか?
まず、申込み書に虚偽の記述をする人に対して金融会社は貸付けることは行いません。
融資には最低限の信頼関係が必要であるため、ウソをつくような顧客と金融取引は行えません。
勤務先に在籍確認をして本当の記述をしているかを確認しています。
また、顧客は本当に仕事に就いているのか、を確かめる意味もあるでしょう。
当たり前の話しですが、収入のない人に融資を行うことは業者側にしてもリスクでしかありません。
このような理由で在籍確認は審査を行う上で欠かせないのです。

 

1-2.専業主婦は在籍確認なしのケースも

基本的に在籍確認は必須事項です。
しかし、例外として専業主婦が専業主婦向けカードローンを利用する場合にのみ在籍確認電話が免除されることがあります。
夫からすると信じがたい話しですが、世の中には夫に内緒でカードローンを利用したいと考えている専業主婦が相当数います。
これは、専業主婦向けカードローンという商品が存在することからも容易に想像できるでしょう。
このような専業主婦のニーズに応えるため、低限度額に限りますが、世帯収入証明、夫の同意書、在籍確認電話、などを行わないで融資をしている銀行も増えてきています。
もちろん、自己破産歴、借入額、クレジットカードの利用歴、返済状況といった個人信用情報は通常通りの基準で審査対象となるため、全員が全員審査に通るわけではありません。
ただし、これは特殊なケースであって一般的な社会人であれば在籍確認はマストであると考えてよいでしょう。

2.在籍確認Q&A

在籍確認を行う理由に関しては理解して頂けたと思います。
在籍確認は、こちらからすれば不安ですが、金融機関がその人の所得証明のためなど、リスクを回避して融資を行う上で必要なことであるため仕方ないと言えるでしょう。
専業主婦以外の人がカードローンを利用する場合には間違いなく在籍確認があると考えておいて間違いないです。
しかし、在籍確認電話の内容、対応の仕方など、在籍確認の全容を知ることで不安になることもなくなるのではないでしょうか?
ここからは、在籍確認電話に関してよくある質問や、不安に思われる事について説明していきます。

 

カードローン 在籍確認 疑問

 

2-1.電話の内容は?

最近では金融機関名を名乗って在籍確認をせず、個人名で電話連絡がかかってくることがほとんどです。
つまり、「田中ですが〇〇さんはいらっしゃいますか?」という形です。
個人名で電話がくるため、同僚や上司が電話を取ってしまったとしてもカードローンの在籍確認電話だとは思わないでしょう。
なお、電話内容は金融機関によって様々で、本人確認のために生年月日と名前を聞いてくるところもあれば、返事をするだけでよいところもあります。
あまりにも在籍確認のようなあからさまな返答を求めてくるところは無いと思いますが、心配であれば事前に在籍確認電話の内容を聞いておくと安心できるかもしれません。

 

2-2.電話がかかってくるタイミングは?

電話がかかってくるタイミングですが、朝9時〜11時頃の始業開始後、夜18時〜20時頃の翌日業務のための会議が入りがちな時間帯は一般的に会社が忙しいため在籍確認の電話はしません。
それ以外の比較的会社も忙しくない時間に電話がかかってくるのが普通です。
しかし、自分で在籍確認電話の時間指定を行うこともできます。
その場合、カードローンの利用申込時に書類に書くところがあればそこに、無い場合は口頭でお願いすることができます。
時間を指定することで自分で電話をとることができるため、可能性は低いですが電話をとった同僚や上司にカードローンの利用がバレてしまうリスクを無くすことができます。
可能であれば時間は指定することをおすすめします。

 

2-3.電話がかかってきた時に不在の場合は?

在籍確認時に職場に不在の場合は金融機関によって2種類の対応があります。
一つは、例え外出中であっても契約者本人が在籍していることの裏付けが取れれば良い、とする場合です。
要は、「〇〇はただ今外出中で…」、という返答が貰えれば会社に在籍していることが分かるため目的は達成できています。
もう一つは、申込者の本人確認の電話も兼ねているため、不在の場合には再度電話が来るパターンです。
これは、本人が電話をとらなければ目的が達成されないため契約申込者本人確認ができるまで電話が来ます。
大抵の金融機関は前者の対応をしますが、中には本人確認と在籍確認を一気にやる業者も存在するため前もって確認しておくと良いでしょう。

3.在籍確認でばれないマル秘テクニック!

現在では、金融業者名ではなく、個人名で在籍確認の電話が来るため基本的に同僚や上司にバレてしまうことはないでしょう。
しかし、勘が鋭い人や、その人も金融業者から融資を受けたことがある場合にはカードローンが知られてしまう可能性もあります。
では、そのような人にバレないために何か使えるテクニックや気を付けなくてはいけない点はあるのでしょうか?
在籍確認電話を受けるにあたって2つほどポイントがあるため、ここからはその2つについて説明していきます。

 

3-1.時間指定して電話してもらう

在籍確認を受けるにあたって一番効果的なのは在籍確認の時間を指定することです。
時間を指定すれば自分で電話が取れるため、同僚や上司といった他の社員にカードローンの利用が知られてしまう可能性はほぼゼロになります。
また、時間指定に加えて在籍確認で聞かれる内容なども事前に聞いておくと安心して電話を受けることができるでしょう。
ただし、忙しい時間に指定をすると自分で電話が取れず、他の人が取ってしまう可能性も出てくるため注意が必要です。
どうしても自分で取りたい場合には会社が忙しくなく、尚且つ自分で必ず電話が取れる時間を指定すると良いでしょう。
また、在籍確認と本人確認を別々にしてもらう方法もあります。
この場合は、在籍確認で不在でも本人確認を携帯電話などで受けると良いでしょう。

 

3-2.事前に言い訳を用意する

では、どうしても自分で電話が取れるかどうか分からない場合にはどうすればよいのでしょうか?
会社に勤めている人ならば急に外出の用事ができたり、外回りしなくてはいけなかったりと、必ずしも予定通りにいかないことは容易に考えられます。
このような場合には、事前に、仕事仲間から電話が来ることを同僚に伝えておくことで、怪しまれずに在籍確認の電話を受けることができるでしょう。
また、金融機関、担当者にもよりますが、多少の要望、口裏合わせであれば乗ってくれることも多いため、例えば存在しない会社名を言ってもらったり、知人の名前を名乗ってもらったりすることもできます。
このように事前に言い訳や口裏合わせをしておくことで安心して在籍確認の電話を受けることができるでしょう。