カードローン 即日 銀行

1.銀行カードローンも即日融資が可能!

消費者金融でお金を借りるのに抵抗があるという人には、銀行のカードローンという手があります。
銀行カードローンは、消費者金融に比べて低金利ですし、銀行だったら信頼もでき、安心ですよね。
急な出費がある時も、銀行カードローンで即日融資を受けることが可能です。
では、即日融資を受ける条件はどうなっているのでしょうか。
ここでは、申込の可能時間や限度額、手続方法、融資を受けられる条件などについて解説してきます。

 

1-1.銀行カードローンの申し込み条件

大手の銀行でカードローンを申し込む際の基本的なチェック項目は、年齢・収入・信用です。
具体的な条件として、年齢については、満20歳以上で65〜70歳未満ぐらいの設定が多いようです。
収入については、継続的な安定した収入が見込めるかどうか、つまり返済能力があるかどうかを見ます。
高収入かどうかが重要なのではなく、低くても安定して収入を得ているかどうかが重要です。
ですから、パートやアルバイトの人でも、融資を受けることは可能です。
信用については、その銀行の指定する保証会社から保証が受けられるかどうかを見ます。
他社からの借入やその返済状況、公共料金の支払い状況、家族構成などがその審査の対象となっています。

 

1-2.専業主婦も即日融資OK

専業主婦の場合、自身の収入はゼロなので、融資なんて受けられないだろうと諦めている人も多いかもしれません。
貸金業者に適用される法律である総量規制では、年収が無い人には貸し出すことができないため、無収入である専業主婦は融資を受けられませんが、銀行は貸金業者ではないため、その法律の対象外となります。
そのため、銀行カードローンならば、専業主婦でも融資を受けられる場合があります。
また、申し込みの際に、配偶者の同意を必要としている銀行と、配偶者の同意は不要な銀行とがあり、いずれも上限は30万円〜50万円程度を上限としているところが多いようです。
即日の融資OKの銀行もあるのはありがたいですね。

 

1-3.ネットからの申し込みは24時間可能

銀行カードローンの申し込み方法は、インターネット(パソコンもしくは携帯電話)・郵送・電話・窓口と、各種対応している銀行がほとんどです。
やはり、手軽で便利なのはインターネットによる申し込みですね。
インターネットだと、24時間対応しているので、申し込みたいときに手続できます。
だいたいどの銀行でも、わかり易く申し込み方法を説明してくれていますし、大きなアイコンから申し込みに進めるようになっていて、フォームに必要項目を入力していくだけで完了できます。
しかも、審査結果は最短で30分ほどで、入力したメールアドレスか電話に連絡されます。
審査に通ったあとは、ローンカードが郵送されて来るので、銀行に行く必要もありません。

 

2.銀行カードローンを選ぶポイント

いざ銀行カードローンに申し込もうと思っても、種類がたくさんありすぎてどこを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。
自分が今口座を開いている銀行のほうがいいのか、口座は開いていなくても別の銀行のほうが自分の利用条件に合っているのか、どういったポイントをチェックすれば、自分に合ったものが見つけられるのでしょうか。
まず気になるところは、限度額でしょうか。
自分が必要な額が借りられるのかどうか、重要ですよね。
それから、金利や手数料もバカになりません。
借入方法にどういったものがあるかもチェックしておきたいところです。

 

2-1.口座を持っている銀行なら手続きが楽

現在口座を開いている銀行にカードローンを申し込むのが、手続き上は1番楽チンです。
口座開設の時点で、身元が分かっていますし、返済口座も自分の口座で登録されるので、申し込み時に面倒な手続を省くことができます。
しかも、たいていの場合、普段使っているキャッシュカードをそのまま利用して、融資を受けることができますので、郵送でのやり取りなどの手間もありません。
口座を持っている場合は、審査の時間も通常より短くて済む場合が多いでしょう。
無事審査に通れば、すぐにインターネットバンキングを利用して借入できます。
それに、同じ銀行内でのやり取りなので、返済方法を振込にすれば、返済時の手数料もかからないのは嬉しいですね。

 

カードローン 即日 口座

 

2-2.収入証明書の要・不要を確認

比較的まとまった金額での融資を希望する場合には、収入証明書の提出を求められる場合があります。
消費者金融や信販系のカードローンでは、借入過ぎや貸し出し過ぎを防ぐために収入証明書の提出を求められることが多いですが、銀行カードローンでは、高額な融資を希望しない限り提出の必要はありません。
金融機関によっては、収入証明書の提出なしでも300万円程度の融資が受けられるところもあります。
収入証明書の種類はいくつかあり、給与支払明細書・源泉徴収票・課税証明書・確定申告書などが、それにあたります。
いずれも、自身の収入を公的に証明するものなので、職場や役所での発行が必要なものになります。
申し込みの際には、その提出の要・不要を確認しておきましょう。

 

2-3.金利は忘れずチェック

お金を借りれば、返済のときに利息を付けて返すのが基本ですよね。
その利息は、元金(実際に借り入れた金額)に一定の利率をかけて計算されます。
その、一定の利率を「金利」といいます。
当然ですが、お金を借りる際には金利は忘れずにチェックしましょう。
消費者金融のカードローンに比べて、銀行カードローンは断然低金利となっていて、それも大きな魅力です。
消費者金融はだいたい5%〜18%の金利で、銀行は3%〜15%程度となっています。
金利の幅は10%以上開きがありますが、これは限度額に準ずるものですので、低めの限度額(〜100万円程度)の場合には、表記の金利の最も高い数字が当てはまると思っていてよいでしょう。

 

2-4.振込融資の可否

融資を受ける際、借りる方法は主に、ATMを利用してカードで現金を引き出すものと、自分の銀行口座に振り込んでもらえるものとがあります。
ATM利用の場合は、ローンカードを作った銀行のATMへ出向けばよいので、自分が持っている銀行口座がどこの銀行のものかを気にする必要がありません。
しかし、もっと便利なのは、家に居ながらにして自分の口座へ融資を受けられる、振込型の融資です。
即日の融資を受ける場合も、自分の口座に振り込んでもらえれば助かりますね。
そしてこの振込融資の場合、自分が口座を開いている銀行と同じ銀行から借り入れる場合は、融資額から振込手数料が差し引かれることが無いので、お得ということにもなります。

3.最短30分で審査回答!スピードが人気のバンクイック

信頼度や、融資までのスピードなどを比較したうえで、おすすめの銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」です。
人気の秘密は、なんといっても審査回答までが最短30分で済むことですね。
審査に通れば、即日融資も可能です。
そして、銀行ならではの低金利と限度額の高さも魅力です。
全国のコンビニと提携しているため、コンビニATMを利用して、いつでも借り入れ/返済ができるのも便利ですね。
申し込み方法はインターネットが手軽で便利ですが、銀行のテレビ窓口を利用すると、申し込んでから融資までが、最短40分と、大急ぎのときでも助かります。
その他にも、相談しながら申し込みたい人の為に、電話での申し込み方法もあります。