カードローン 審査

1.カードローンの審査基準を徹底解説!

カードローンに申し込みをしたいけど、消費者金融や銀行は何をどう判断して審査をしているのか気になるという人もいるのではないででしょうか。
具体的な審査項目などがわかれば、事前に準備をすることもできるのではないかと思いますよね。
しかし、どこの金融機関でもこの審査基準というのは明らかにしていません。
各金融機関によって細かな審査基準は違うようですが、大まかには、どこの金融機関でも同じポイントを見て判断していると考えられます。
ここではそのポイントについて紹介したいと思います。

 

1-1.安定した収入がある事が重要

まず審査で重要になるのが安定した収入です。
どこの金融機関でも、利用条件を見ると安定した収入という言葉が明記されており、この点がとても重視されていることがうかがえます。
これは当然のことで、お金を貸す以上は、確実に返済をしてくれる人に融資をします。
安定した収入といっても特別なことではなく、普通に仕事をしていればとくに問題はありません。
安定した収入と聞くと、大手企業や公務員などをイメージしてしまいますが、収入が少なくても、勤続年数が長ければ、それだけで安定した収入が得られていると判断されるようです。

 

1-2.消費者金融や銀行が調べる信用情報とは

安定した収入があることと同様に重要視されるのが、信用情報です。
これは、消費者金融系でも、銀行系など関係なく、どの金融機関でも必ず確認する情報です。
金融機関を利用すると、信用情報機関というところにその事実が記録されることになります。
具体的には、どこの金融機関に申し込みをしたのか、どのくらいのお金を借りたのか、どのような返済をしているのかなど、氏名や住所、勤務先なども含め様々な情報が記録されます。
この情報を信用情報というのですが、信用情報を確認することにより、その人がどのような利用の仕方をするのかが推測できるため、金融機関は重要視しているのです。

2.カードローン審査に通るポイントとは

カードローンの審査に通るためのポイントとしては、信用を得られる行動をするということです。
誰でも、信用できない人にはお金を貸したりはしませんよね。
それと同じで、金融機関に信用を与えられるような行動をすることが、審査に通るためにはとても重要なポイントとなります。
すでに、他社の借入をしているという人の場合には、他社であってもしっかりとした返済をする必要があります。
他社の返済状況も信用情報を確認すれば、知ることができます。
金融機関の情報は、信用情報機関を通じて共有されているので、しっかりとした返済をすることが、審査通過につながると言えるのです。

 

2-1.金融事故情報が記録されていない

信用情報には様々な情報が記録されているのですが、その情報の中でも重要視されるのが、金融事故情報です。
もし信用情報を確認して、この金融事故情報が記録されていると、審査に通るのは非常に厳しい状態です。
金融事故情報とは、2〜3ヶ月にも及ぶ延滞をしていたり、短期間の延滞でも2回以上の延滞をしている、自己破産や個人再生、任意整理などの債務整理をした場合に記録をされる情報のことです。
この情報が記録されてしまうと、金融機関からの信用を著しく失うことになります。
今までこのような金融事故を起こしたことがない人でも、この情報が記録されないような利用をすることが大切です。

 

2-2.勤続年数は1年以上

安定した収入が条件となっていると不安になる人もいるのではないでしょうか。
仕事をしていても、収入が少ないと、どうしても審査に通らないのではないかと心配になってしまいますよね。
しかし、この安定した収入でポイントとなるのは勤続年数です。
確かに、大手企業や公務員などの職業の場合には、それだけで安定した収入が得られると判断され審査には通りやすくなります。
しかし、中小企業でも、収入が少ないアルバイトの人でも、しっかりと勤続年数があれば問題ありません。
勤続年数が1年以上あれば、十分に審査に通る可能性はあります。

3.カードローンの審査で絶対にやってはいけない事

カードローンの審査で絶対にしてはいけないことが、信用を失うような行動です。
審査では、年収などによって、利用限度額などにも影響を与えることになります。
多くの銀行が、一定額内であれば収入証明書などの提出なしで貸付をしています。
そのため、申込書に記入する年収の欄に、少し高めに年収を書いても大丈夫なのではないかと思ってしまいます。
収入証明書を提出しないのなら、多少ごまかしてもバレない可能性は高いのですが、このような行動は金融機関からの信用を失う可能性があります。
カードローンに申し込む時には信用を失うような行動だけは避けましょう。

 

3-1.誤った情報や嘘はNG!

カードローンを利用する際に、金融機関が重要視するのが信用です。
この人に融資をしても毎月返済をしてくれるのか、計画的な利用をしてくれるのかなど、利用者の信用がとても重要になります。
その信用を大きく失う可能性があるものの一つが申込書に記入された内容です。
この申込書に誤った情報や嘘を記入してしまうと、その時点で審査に落とされる可能性があります。
それほどこの申込情報は重要なものです。
これは通常の人間関係でも同じで、嘘をつかれてしまうと信用ができない人と誰でも判断しますよね。
金融機関から信用を得るためにも、申込書の内容はしっかりと確認をして、正確な情報を記入するようにしましょう。

 

カードローン 審査 嘘

 

3-2.一度に複数申し込むのもNG

よくやりがちなものに、一度に複数社の申し込みをしてしまうということがあります。
最近は、どこの金融機関でもネットを利用して申込みをすることができるので、1日で複数社の金融会社に申し込みを済ませることはとても簡単なことです。
複数社に申し込みをして、どこかの審査に通ればいいと安易に考えがちですよね。
しかし、この申し込みは金融会社の信用を失う行為です。
ひと月に2社以上の申し込みをしてしまうと、申し込みブラックという判断をされてしまい、どこの金融会社からも融資を受けられなくなる可能性があります。
申し込みをする時には、しっかりと金融会社を確認し、自分に合った金融機関だけに申し込みをするようにしましょう。

4.審査に通りやすい人・通らない人の違い

審査に通りやすいという人は、金融機関から信用をされる人です。
この信用とは確実に返済できると判断できる人で、安定した収入があり、過去に金融事故を起こしたことがないという人です。
逆に、審査に通りにくいという人は、勤続年数が1年以下であったり、複数社からの借り入れがある、過去に金融事故を起こしたことがあるという人で、このような人の場合には、どうしても返済ができなくなるのではないかと判断され、金融機関からの信用を得ることが難しいと考えられます。
多くの借り入れがなく、過去に金融事故も起こしたことがない、安定した収入があるという人なら、十分に審査には通る可能性があるので、安心して申込みをすることができます。