カードローン 即日 総量規制

1.総量規制って一体なに?

総量規制とは貸金業者の個人向け貸付に対して適用される法律のことで、申込者の年収によって融資額を制限する決まりです。
消費者金融や信販会社といった貸金業者は、この法律によって年収の3分の1までしか融資をすることができません。
また、自社の貸付額が50万円を超える場合や、他社との貸付額が100万円を超えるといった場合には収入証明書などの提出を求めることになっています。
ただし、総量規制には、対象外となる借入や例外もあります。
そのため、借入理由によっては年収の3分の1以上の借り入れをすることも可能です。
貸金業者からの借り入れを考えている人は、この総量規制をしっかりと理解しておきましょう。

 

カードローン 即日 総量規制

 

1-1.総量規制の対象となる借入

総量規制の対象となる借り入れには、消費者金融や信販会社、クレジット会社からの借り入れがあります。
これらの会社は貸金業者と呼ばれ、総量規制の対象となります。
つまり、消費者金融や信販会社からは年収の3分の1までしか借入できないということです。
では、クレジットカードのキャッシング枠はどうなるのでしょうか?
結論から言うと、すでにキャッシング枠を利用して借り入れをしている場合には、その借入額は総量規制の対象となります。
しかし、キャッシングを全く利用しておらず、キャッシング枠があるだけの状態は総量規制の対象となりません。

 

1-2.総量規制の対象外となる借入

総量規制は年収の3分の1までの借入しか認めていませんが、住宅ローンや自動車ローンなどを利用していると、借入額が年収の3分の1を超えてしまっているという人もいるでしょう。
この場合、なぜ年収1/3を超える融資を受けることができるのか疑問に思いませんか?
実は、総量規制には貸金業者の借り入れであっても対象とはならない除外貸付があります。
住宅ローンであったり、自動車担保貸付の自動車ローン、有価証券や不動産担保の借入、高額の療養費のための貸付などは対象とはならないため、総量規制の計算をする時には、これらの貸付は除外されます。
そのため、この対象とならない借り入れが年収の3分の1以下であれば、貸金業者から借入をすることができます。

 

1-3.総量規制の例外となる借入

総量規制には、除外貸付以外にも例外となる借入もあります。
例外となる借入とは、すでに年収の3分の1以上の借り入れがあっても、審査に通ればさらに融資をしてもらえるというものです。
どういた借入が総量規制の例外になるのかと言うと、利用者にとって有利となる借換えや緊急時の医療費の借入、冠婚葬祭などの社会的通念上緊急と考えられる費用の貸付、配偶者と合算して年収の3分の1以下の貸付、個人事業者に対しての貸付などがあります。
すでに貸金業者から年収の3分の1を超える借り入れをしていても、追加で借入できるケースがありますから、困った時は貸金業者に一度相談してみることをおすすめします。

2.総量規制ありの借入なら消費者金融へ!

総量規制の対象となる借入には、消費者金融や信販会社、クレジット会社からの借り入れがありましたが、貸金業者の中で利用しやすいのが消費者金融です。
特に「急な出費でどうしてもお金が必要!」という時は助かります。
信販会社やクレジットカード会社の場合、融資までに時間がかかります。
遅いケースだと融資までに数週間も必要となるため、急な出費の時には利用しにくいと言わざるを得ません。
しかし、消費者金融はスピーディーな審査によって即日融資も可能です。
年収の3分の1までという制限はあり、金利もやや高めですが、融資までのスピードは大きな魅力と言えます。

 

2-1.最短1時間での振込も可能

今日中に口座にお金を入れないといけないのに、手持ちがないというとこもありますよね。
そんな時でも消費者金融が活躍してくれます。
審査スピードがはやいため、最短1時間で指定口座へ振込してもらうことも可能です。
平日ならどこの銀行口座でも振り込んでもらえますし、土日祝日でも、消費者金融が指定する銀行口座なら振り込み可能です。
ただし、平日に利用する時には、14時までには申し込みを済ませておく必要があります。
銀行の営業時間内でないと振り込むことができません。
急いで借入したい時には、午前中のうちに申し込みを済ませておくことをおすすめします。

 

2-2.土日も審査してくれるから安心

大手消費者金融は、利用しやすい場所に自動契約機を設置しています。
この自動契約機を利用してカードを発行してもらえば、振込融資のタイムリミットである15時を過ぎても融資が受けられるというメリットがあります。
また、この自動契約機は土日でも稼働し審査をしています。
休日前に同僚と飲み過ぎてしまい、今月分のお小遣いをすべて使ってしまったという人もいるのではないでしょうか。
そんな時でも、自動契約機を利用してお金を借りることができます。
消費者金融は利便性がよく、うっかりお金を使い過ぎてしまった時でも便利に活用できます。

3.総量規制対象外なら銀行カードローン

年収が少ないという人や、すでに貸金業者から年収の3分の1近くまで借り入れをしている人にとっては、総量規制は厄介な法律です。
そんな人は総量規制対象外の銀行カードローンを利用する方法があります。
銀行は貸金業法ではなく銀行法が適用されるため、総量規制の対象となりません。
そのため、年収によって融資額が制限されることもなく、申込者の信用次第では高額な借入も可能です。
「銀行カードローンは融資までに時間がかかるのではないか」というイメージを持っているかもしれませんが、即日融資に対応している銀行カードローンもあります。
また、その他にも様々なメリットがありますから、順に見ていきましょう。

 

3-1.低金利・高限度額がうれしい

銀行カードローンの中には最高限度額を1,000万円としているところもあります。
実際には、これほど高額な借入をすることは非常に難しいのですが、借り換えやおまとめとして利用する場合は限度額は大きいに越したことはありません。
また、金利が低い点も銀行カードローンの大きな魅力の一つです。
低金利でお金を借りることができれば、それだけ支払う利息を減らすことができるため、総返済額を抑えることができます。
消費者金融と比べると、金利の差が非常に大きいことに気付くでしょう。
少しでも無駄な出費を抑えながらお得にお金を借りたいという人には、銀行カードローンが最適です。

 

3-2.専業主婦なら在籍確認なしで利用できる

銀行カードローンのもう一つのメリットとして、専業主婦が利用できる点が挙げられます。
総量規制のある貸金業者は年収によって融資額を決めるため、収入のない専業主婦には基本的に融資していません。
しかし、銀行は総量規制対象外のため、専業主婦を融資対象としている銀行カードローンもあります。
専業主婦は近所の付き合いや子供の友達の親との付き合いなどによって、何かと出費も多いものです。
そのような出費が重なり、毎日の食事やお小遣いに影響するという人もいるのではないでしょうか。
専業主婦の場合は最高限度額が制限されることが多いため、借り過ぎる心配もありません。
どうしてもお金が必要になった時は、利用を検討してみても良いでしょう。

4.銀行カードローンも即日融資はできる?

銀行カードローンの中にも即日融資が可能なものはいくつかあります。
ただし、申込んだ日のうちに借入するにはいくつかの条件を満たす必要がありますし、その条件も銀行によって異なります。
大手消費者金融のように誰でも即日融資が可能といったケースもあれば、利用を考えている銀行の口座を持っている人だけを対象としていることもあります。
そのため、銀行カードローンで即日融資を希望する人は、まず即日融資を受けるための条件を確認してから利用することが大切です。

 

4-1.平日14時までの申込がベスト

銀行カードローンを利用して即日融資を受けるのであれば、指定口座への振込が便利です。
ただし、振込融資を希望する場合、消費者金融同様に平日14時までに申し込み手続きを完了させる必要があります。
短時間で審査が可能な銀行カードローンでも、審査回答後の手続きによっては時間がかかることがあります。
振込融資を希望するなら、銀行の営業が終了する15時前までに全ての手続きを完了させなければなりません。
そのため、遅くても14時までには申し込みを済ませておかないと、翌営業日まで借入を待つことになってしまいます。

 

4-2.無人契約機が利用できるカードローンも

無人契約機は、人に合うこともなく申し込みや書類の提出ができ、カードを受け取ることもできます。
また、夜間でも利用できるため、朝のうちに審査へ申し込んで仕事帰りに契約手続きをすませることも可能です。
「無人契約機が利用できるのは大手消費者金融」というイメージをお持ちの人が多いかもしれませんが、実は銀行カードローンの中にも無人契約機を利用できるものがあります。
具体的に、新生銀行カードローン レイク、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは無人契約機を設置しており、申込や契約の手続きを行うことができます。

5.カードローンの審査って厳しいの?

銀行カードローンの審査が厳しいのではないかと気になる人も多いと思います。
確かに金利が低く限度額が大きいため、消費者金融と比較すると審査は厳しくなる傾向にあります。
しかし、ポイントを押さえておけば銀行カードローンの審査に通過することはさほど難しいことではありません。
また、銀行カードローンの中には大手消費者金融を保証会社としているものがあり、審査業務は保証会社が行っているケースも珍しくありません。
だからといって審査が甘くなるわけではないのですが、銀行カードローンの審査だからチェックされる項目が増えたり、審査基準が大きく変わるということではないのです。

 

5-1.安定した収入と信用情報がポイント

銀行カードローンは審査が厳しいと言われていますが、審査でポイントになるのが安定した収入があること、信用情報に事故情報が記録されていないことです。
安定した収入とは、定期的に収入を得られているということです。
そのため、一般的な会社員であればこの点は問題ありません。
ただ、大手企業や公務員など勤め先によって信用の高さが違います。
また、中小企業であっても勤続年数が高い人ほど安定した収入が得られる人と判断され、これも信用が高く、審査に通りやすくなります。
信用情報には過去の金融機関の利用実績が記録されていて、過去に延滞をしていたり、債務整理をした人、他社での借り入れが多い人は審査に通る可能性が大幅に下がります。

 

5-2.無職OK!審査甘い!と謳う業者には注意

審査では信用情報が重要視されます。
そのため、過去に返済の延滞や債務整理の記録がある人、他社借入の件数や金額が多いという人は審査に通らないでしょう。
一度審査に落ちてしまうと、違うカードローンにすぐに申込みをしても、審査には通りにくくなります。
そのため、すぐにお金が必要という人は、審査が少しでも甘いと言われる業者を利用しようとするのですが、「無職でもOK!審査が甘い!」と謡っている業者には注意をしましょう。
一般的なカードローンであれば、自ら審査が甘いなどと謳うことはまずありえません。
このような業者はヤミ金業者であると疑い、絶対に利用してはいけません。

6.即日で借りられるおすすめカードローンは?

お金を借りたいと考えている人の多くが、今すぐにでも借りたいと考えている人がほとんどだと思います。
即日融資に対応していると思って申し込みをしたのはいいけど、利用条件によって、結局融資までに数日かかってしまったということは避けたいですよね。
そこで、即日で借りられるおすすめのカードローンを紹介したいと思います。
24時間365日、最短10秒で振り込んでくれるサービスを提供している消費者金融、自社の口座を持っていなくても即日融資可能な銀行カードローンを紹介したいと思います。
どこの金融機関から借りようか迷っているという人は、まず紹介する金融機関の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

6-1.無利息サービス・即フリが嬉しい!プロミス

CMでもお馴染みのプロミスでは30日間の無利息サービスを提供し、翌月の給料日にはすべて完済できるといった少額の借り入れをするには便利な大手消費者金融です。
また、プロミスでは瞬フリと呼ばれる振込キャッシングが利用できます。
この瞬フリは、24時間365日利用可能で、パソコンや携帯、スマートフォンでも利用でき、場所や時間を選ばないのが大きな魅力です。
24時間最短10秒というスピードで振り込んでもらえます。
口座に入金をするのを忘れていたという時でも便利なサービスです。
ただ、三井住友銀行やジャパンネット銀行口座の口座を持っている人のみのサービスです。
これらの銀行口座を持っているという人にはぜひ利用してもらいたいサービスです。

 

6-2.テレビ窓口なら最短40分でカード発行!バンクイック

低金利の銀行カードローンで即日融資が希望という人には、三菱東京UFJ銀行が提供しているバンクイックがおすすめです。
三菱東京UFJ銀行のATM横に設置されているテレビ窓口を利用すれば、最短40分でカードを発行してもらえるので、銀行カードローンで即日融資が希望という人には最適です。
銀行の即日融資では口座開設が条件となっているところが多いのですが、このバンクイックは三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても利用できます。
しかも、年1.8%〜14.6%と銀行ならではの低金利です。
テレビ窓口でカードを受け取るためには運転免許証が必要になるので、申し込みの際には忘れずに持参をしましょう。